blog

2020.02.13

かき餅

writer:藤田 和俊

昨日になりますが、智頭町の那岐地区で「かき餅」を取材してきました。昭和62年から地域の食文化を継承しようと、活動されてきた「那岐特産品開発研究会」さんです。メンバーは10人ほどで、最年少67歳から最高齢95歳まで揃います。

このかき餅の撮影は、新聞記者時代から何年もお世話になってまして。地域のお母さんたちがせっせと作業される姿と、素朴ながら丁寧に作られた餅が美味しくて、お邪魔するのが毎年の恒例となっています。

このかき餅。昔から「氷餅」と呼ばれ、寒さが増す1〜3月上旬までに作られており、お母さんたちによると、子供のおやつとしても大変人気が高かったそうです。これをストーブに乗せてぷくっと膨らむのを待つ子供の姿が想像できます。焼いてもよし、「しゃぶしゃぶ」のように鍋にくぐらせて食べるのも美味しいです。

味は、ゆず・しそ・ニンジン・のり・豆の5種類。
のり以外はみなさんが畑で作られたものばかり。
そりゃ、優しい味になるのは、間違いないですよね。
我が家も小学生の息子が早速食べ過ぎて、夕飯を食べきれないほどになってました。
そういうリスクを伴う美味しさです(笑)。
ぜひ、一度味わってみてください。

2020.01.21

脈脈展、ご来場ありがとうございました。

writer:藤田 和俊

終わってからようやくブログに書きますが、1月5日から13日まで、JR鳥取駅前サンロードにある「ギャラリーそら」さんで、写真展&物販を一緒にした「脈脈展」を開きました。どれだけの人が来てくれるだろうかと不安もありましたが、9日間、県内外から本当にたくさんの方々にご来場いただきました。この場を借りて感謝いたします。毎日在廊し、ありがたいなぁと心の中で呟いていました。

写真は、取材した8人と1姉妹を展示。1姉妹というのが、脈脈がスタートする前に閉店されたお店「樹里」を43年経営されて来た國岡さん姉妹。もう何もなくなった店での写真しか撮れず、記事取材が中心となってしまいましたが、智頭の日常にある食を提供してきたお二人の営みを、どうしても紹介したくて展示しました。その他にも、まだpeopleにアップできていない人たちも含め、8人を紹介。大判と合わせて約70点の写真に、一言文章を添えました。

物販は、藍染、革、機織り、曲げわっぱなど智頭の手仕事品が並びました。そこに、取材で出会った淳子さんが作った手作りこんにゃくや漬物、国政勝子さんの柿の葉ずし(今後記事もアップします、お楽しみに)、山のブランのお菓子など美味しいものも販売。メンバーのアッキーによるカフェもあるなど、いい感じのごちゃまぜ感(笑)。ご来場の方々に、いろんな楽しみ方をしていただけていたら良かったです。あと、約30人が来てくださったオープニングパーティーでは、山のブランの石田創さんにケータリングをお願いしたんですが、これがすごいことに。もう芸術作品と言える美しさと、智頭の食材をふんだんに使い、生かした料理の美味しさに参加者から絶賛の声、声、声…。ありがとうございました。

お一人、お一人、来場してくださるたびに嬉しかったのですが、中でも智頭のおじいちゃん、おばあちゃんがわざわざ足を運んでくれたことには驚きました。妻の写真を携帯電話で撮るおじいちゃんの姿、とても微笑ましかったし、こちらが嬉しくなりました。智頭の人たちが喜んでくれる姿を見て、とても背中を押していただいているようで、これから頑張っていこうと気を引き締めました。

さて、12月にオープンした脈脈(記事の更新が遅くなっています、これからペースを上げていきます!)。今回は、サイトオープンを知ってもらうきっかけ作りが主な目的でしたが、物販の動き方も見ていると、取材と何かをつなげていくことに大きな手応えを感じました。これは、当初からやっていきたい方向性でもあります。脈脈は、智頭町の「ヒト」にスポットをあて、その生き方や営みを紹介していきたいと思っていますが、そこで終わりだとは考えていません。やはり一人でも多くの人に、実際町に足を運んでもらって魅力に触れてもらったり、勢い余って移住しちゃったり。そういうリアルな動きにつなげていくのが、この脈脈を運営する僕らの役割だと考えています。

とりあえず、秋から走り続け、この展示まで終えました。が、ここがスタートです。これからたくさんやってみたいことがあります。智頭の人たちがますます繋がり、大きな渦となって外に発信していけるよう、脈脈としてできることを探していきます。最後は、編集部メンバーと出店者で記念写真で締めくくりました。みなさん、お疲れ様でした!

2019.12.01

はじめまして、脈脈です。

writer:藤田 和俊

計画が始まってから半年以上。ようやくこの日がやってきました。
智頭町の人を取り上げ、町の魅力として伝えていくメディア「脈脈」が立ち上がりました。ドキドキ、ワクワクしている藤田です。

智頭町は鳥取県と岡山県の県境にある、人口7千人ほどの小さな町です。もともとは僕が新聞記者としてこの町の担当となり、この町にいる多様な人の生き方に魅了されたことが始まりでした。歴史や文化が残り、そして外からの新しい風も柔軟に受け入れる雰囲気があり、それらがうまく交じり合いながらまさに「脈脈」と暮らしが続いているのです。それを紹介したい、そんな思いからです。

編集部のメンバーは4人。
元新聞記者の僕、林業家、藍染家、シェフと、異色の組み合わせです。
メディアやデザインに関わっている人ばかりではありません。

というのも、取材して紹介していく活動だけで止まりたくないな、と。
様々な分野の視点で考え、より実践的な人の流れを生むような活動にしたいと考えています。ゆくゆくは町にあるコンテンツを繋げ、人を繋げ、町外と繋げていく。それが町の新たな「編集」になっていくのではないかと思うんです。

のっけから、真面目になってしまいましたが、そうは言っても最初のブログなので、そのあたりの説明はしときたかったもので。ま、40歳前後の「面白い」ことが好きなメンバーたちですので、何卒よろしくお願いします。

このブログでは、こんな真面目か!ということから、智頭の情報、はたまたメンバーの仕事や日常…。いろんなことをざっくばらんに書いていこうと思っています。更新頑張るぞ。

写真は、林業家の大谷の現場で撮った集合写真です。
多分、TAKE8くらいの写真。